LUIS KALIL is a young guitarist born in Bage, RS (Brazil) in 1999 and started playing a guitar when he was 9 years old. In May 2015, he has released his solo debut album entitled "Insight", featuring guest musicians such as Edu Falaschi (former Angra, Almah) on vocal on a track "Mr. Fire", Iuri Sanson (Hibria) on vocal on a track "Mr. Fire" and "Keeper Alive", Lourenço Gil on drums and Leo Nunes on guitar solo on a track "The Journey Has Begun." The album was recorded at Hibria Studios, produced by Renato Osorio, mixed and mastered by Benhur Lima. On this album, LUIS KALIL shows a remarkable talent of, not only a guitar technique but also songwriting. He was inspired by great guitarists: Jason Becker, Steve Vai, Marcus Fernandes (his guitar teacher), Kiko Loureiro, Rafael Bittencourt, Yngwie Malmsteen, John Petrucci and Paulo Schroeber. He is a young musician of great promise from Brazil.


LUIS KALIL は、1999年ブラジルのバジェ (RS) 生まれの若いギタリストで、9歳でギターを弾き始めています。 今年5月に、ゲストミュージシャンたちをフィーチャーした "Insight" というソロアルバムをリリースしました。 そのアルバムでは、Edu Falaschi (元 Angra、Almah) が "Mr. Fire" のボーカルとして、Iluri Sanson (Hibria) が "Mr. Fire" と "Keeper Alive" のボーカルとして、Lourenço Gil がドラムを叩き、Leo Nunes が "The Journey Has Begun" の曲でギターソロを演奏してます。 アルバムは Hibria Studios で収録され、Renato Osorio がプロデュースを手掛け、ミキシングとマスタリングは Benhur Lima が行っています。 LUIS KALIL はこのアルバムで、ギターのテクニックだけでなくソングライティングでも非凡な才能を見せてくれています。 現在日本では、iTunes Japan または下記のオンラインストアにてデジタル購入可能です。 彼自身は Jason Becker や Steve Vai あるいは彼のギターの先生でもある Marcus Fernandes、または Kiko Loureiro、Rafael Bittencourt、Yngwie Malmsteen、John Petrucci、Paulo Schroeber などに触発されたようですが、将来が楽しみなブラジルの若きミュージシャンです。


         Mr. Fire

         The Journey Has Begun

Insight (2015)


02. The Journey Has Begun

03. Flying In The Illusion

04. Grey Shy (Interlude)

05. Mr. Fire

06. The Chase

07. Keeper Alive 

08. Back Home


LUIS KALIL facebook | Google+YouTube

Write a comment

Comments: 0