Greek heavy/power metal act CRIMSON FIRE will release their sophomore album “Fireborn” through Pitch Black Records on June 3rd. CRIMSON FIRE was created by Jason Al "Becker" together with Johnny B and St. Turin back in 2004, and they remain faithful to the passion and glory of 80’s heavy metal. The band blends together superbly with the sound of licks, kicks and riffs along with the high-pitched vocals and powerful and melodic lines. With a number of notable performances listed on their CV, including the support slot during a mini tour of Canadian band Anvil, CRIMSON FIRE has quickly gained a large number of loyal followers and in 2010 released their debut album “Metal Is Back” which is now sold out. New album “Fireborn” contains 12 tracks, the idea of the circular process of life is represented by the mythical creature “Phoenix” and through its prism we look at different aspects of this interminable process, be it youth, love, revenge, personal struggle, politics, and new beginnings as well as endings, etc. It symbolizes man’s power to face and overcome any kind of difficulty in order to emerge even stronger. 


ギリシャのヘビー/パワーメタルバンド CRIMSON FIRE は、6月3日に2作目のアルバム “Fireborn” を Pitch Black Records よりリリースします。この CRIMSON FIRE は Jason Al "Becker" と Johnny B、St. Turin の3人が一緒に2004年に作ったバンドで、今なお80年代のヘビーメタルに忠誠を示し続けています。ハイトーンボーカルとパワフルでメロディックなラインに併せて、リックやキック、リフなどを見事にブレンドしています。CRIMSON FIRE は、カナダのバンド Anvil のミニツアーのサポートをはじめ、履歴に載っているように数多くの公演回数をこなして、急速に多くの熱心なファンを獲得してきました。2010年に “Metal Is Back” というデビューアルバムをリリースしていますが、完売を達成しています。新作 “Fireborn” は全12曲入りで、人生の変遷を神話の生き物 「不死鳥」 に例え、そのプリズムを通して青春や愛、復讐、個人的な争い、政治、そして新たな始まりと終焉など終わることのない様々な側面を覗いています。また、より強力なものとして表すために、あらゆる困難に立ち向かいそれを克服する人間の力というものを象徴しています。日本では、6月10日より下記のオンラインストアにて購入可能です。


Fireborn (2016)


01. Intro

02. Take To The Skies

03. Right Off The Bat

04. Young Free Lust

05. Hunter

06. Bad Girl

07. Master Your Destiny

08. Knightrider

09. Only The Brave

10. Her Eyes

11. Vengeful Spirit

12. Eternal Flame





Write a comment

Comments: 0